産前・産後のお悩み

女性の骨盤はもともと妊娠・出産時開きやすいように男性よりも横に広がっています。女性は妊娠中にリラキシンとよばれる黄体ホルモンを分泌し骨盤を始めとした全身の靭帯や子宮筋が緩みます。出産時には仙腸関節と恥骨結合を開き、胎児が産道を通りやすいようにして出産します。出産後は子宮を収縮させるホルモンが分泌されるため徐々に骨盤はもとの形に戻ろうとします。その戻る過程で肉体的・精神的ストレスにさらされ、歪みが残ってしまうと恥骨部・仙骨部の痛みの原因になります。ほかにも産後で緩んだ腹筋がそのままになっていると骨盤が不安定な状態になり腰部痛の原因になることも少なくありません。産後も母体への負担は続きます。産後の不調に悩まされないためにも是非メンテンナンスに来てくださいね。

 

おすすめの施術

骨格・骨盤調整

カイロプラクティック

パーソナルトレーニング