外反母趾

外反母趾とは、足の親指(母趾)の付け根が人差し指側に「く」の字に曲がり、変形して母趾の付け根の腫れや痛みのために、靴を履いての歩行に支障をきたす状態をいいます。原因は扁平足や足底アーチの低下、ハイヒールにより母趾に過剰な力が加わって起こるとされています。また骨格・骨盤の歪みがあると立っているとき、歩いているときに足の裏の接地する場所が本来のところからズレてしまい、負担がかかりやすくなります。痛みの緩和には骨格・骨盤調整が必要な場合もあるので、相談してくださいね。

 

おすすめの施術

骨格・骨盤調整

カイロプラクティック