脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、脊椎の中央にある脊柱管が狭くなり、その中を走っている神経が圧迫されることによって痛みやしびれが出現するものをいいます。通常、脊柱には生理的な弯曲があり、頸部・腰部は前弯が、胸椎には後弯があります。その弯曲が過度になることで神経の圧迫を起こし、症状を引き起こすとされています。腰部脊柱管に狭窄がある場合は、下肢の痛み・しびれに伴い歩行障害がみられ、頚部脊柱管に狭窄がある場合は腕の痛み、しびれに伴い指先での細かい作業が行いにくくなります。背骨や骨盤の歪みはあらゆる不調を招きます。歩きにくさや足がしびれて気になる場合は相談してくださいね。

 

おすすめの施術

骨格・骨盤調整