側弯症

側弯症とは、脊柱を正面から見た場合に、左右に曲がっている状態をいいます。側弯症は、機能性側弯症と構築性側弯症の2つに分けられます。機能性側弯とは、痛み、不良な姿勢、下肢長差などの原因による一時的な側弯状態で、弯曲は軽度で背骨のねじれを伴わず、その原因を取り除くことにより側弯は消失するものをいいます。例えば、腰痛などの痛みによる逃避姿勢、習慣的にしている癖(足を組む、片側で荷物を持つ等)による背骨、骨盤の傾きによるものが含まれます。一方、構築性側弯症は脊椎のねじれを伴った脊柱の側方への弯曲であり、もとの正常の状態に戻らなくなった状態をいいます。側弯症は背骨や骨盤の歪みから発生している場合が多く、骨格・骨盤調整することにより症状の緩和が期待できます。気になる方は一度相談してくださいね。

 

おすすめの施術

骨格・骨盤調整

カイロプラクティック