むち打ち

むち打ち症は、主に自動車の追突、衝突、急停車等によって首の急激な曲げ伸ばし運動が起きるために生じた首の損傷です。衝撃によって首がムチのしなるような現象からこの名で呼ばれています。しかしむち打ち症という医学上の病名はなく、正式には「頚椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頚部症候群」などと呼ばれます。むち打ちは関節をつなぐ靭帯や関節を動かす筋肉の損傷のため徐々に回復しますが、首に歪みがあると組織の回復を遅らせたり、また回復したとしても痛みとしての症状は持続してしまうことが多いです。症状が軽いからといって放置していると肩こりや寝違えの原因になりかねません。交通事故に遭われて身体の不調が気になる方は一度相談してくさだいね。

おすすめの施術

交通事故施術