五十肩

50代の男女に起こる肩関節の強い炎症とそれに伴う運動障害を五十肩と呼びます。現代の医学ではまだはっきりとした原因はわかっていません。肩関節は人体で最も可動域の広い関節のため、炎症により痛みが出ると日常生活が著しく制限されます。痛みで寝れなかったり、寝返りをするたびに痛みで目が覚めることも少なくありません。痛みの期間が長いと姿勢が崩れてしまい、背骨の歪みをつくります。背骨が歪むと首・肩周りの筋肉が過剰に緊張し、結果として肩痛が悪化します。こういった悪循環にならないためにも身体をケアすることが大切です。

 

おすすめの施術

骨格・骨盤調整

カイロプラクティック