咳やくしゃみをするたびに腰が痛くなったことはありませんか?

咳やくしゃみの衝撃位でどうにかなる訳ではないと思っていませんか?

咳やくしゃみをすると背骨と背骨の間にある軟部組織(椎間板)に衝撃が加わります

正常な配列の背骨であれば衝撃を分散できるのですが、ズレた背骨であれば衝撃を分散できずに軟部組織(椎間板)に衝撃が加わります

咳やくしゃみがあまりに続くと衝撃を吸収しきれずに背骨と背骨の間にある軟部組織(椎間板)に衝撃がかかり続けズレてしまったり、傷めたりすることも少なくありません

咳やくしゃみをして腰が痛いのは、自分自身の身体が痛みの信号として異常な状態が起こっている事を教えてくれているのです

また腰に限らず、首や背中にも同じ様なことが起こることも珍らしくありません

咳やくしゃみをして腰が痛い時は炎症を持っている可能性が高いので、まずは患部を冷やしてみて下さい

患部を冷やしても痛みが改善されない時はズレている可能性がありますので、快生整骨院で骨盤調整を受けられることをオススメします

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA