台風による低気圧で体調不良?

台風の前になると体調が悪くなる原因をお伝えしたいと思います

台風などにより急激に気圧が変化すると、体内の環境を一定に保とうとする自律神経の調整機能が乱れやすくなります

自律神経とは自分の意思とは関係なく無意識に働き、体温調整や免疫、血流など生命維持に不可欠な機能を調整している神経のことです
急激な気圧の変化にもかかわらず体内の環境を一定に保てるのも自律神経のおかげだと言われています。

ただこうした自律神経の調整機能がつねに正常に働いてくれるとは限りません。

姿勢・骨盤に歪みがあると自律神経の調整機能も乱れやすく、そういった環境の変化に自律神経の調整機能が対応しきれず様々な症状として身体に現れるのです

頭痛、首の痛み、めまい、耳鳴り、ぜんそく、腰の痛み、膝の痛み、肩の痛み、古傷の痛み、鬱(うつ)や自律神経失調症なども台風による低気圧に影響をうけやすいと言われています。

まずは、自律神経を整えるために十分な睡眠、適度な運動、そして規則正しい生活を心がけましょう

それでも体調が良くならない方は、身体のバランスが悪くなり自律神経が乱れやすくなっているかもしれないので、快生整骨院で姿勢・骨盤を調整されることをオススメします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA