腰が痛いからといってコルセットを巻いていませんか?

そこで今日は、腰が痛いからといって常にコルセットを巻いているのはよくないという事実をお伝えしたいと思います。これらを参考にしていただくと、コルセットの正しい使い方がわかるようになることでしょう。

コルセットには、固定をして患部を安静に保つために動きを制限させる作用があります。あくまで固定する事で動きを制限して痛みが出ないようにするということで、治している訳ではありません。

なので患部を安静に保つためには、もちろんコルセットは必要だと思います。しかし、ずっとコルセットを巻き続けていると腰が動かしにくい状態が続いたり、腰を支える筋力が弱りますのでオススメできません。

私がこのことを知ったのは患者さんで腰痛を持っている人が常にコルセットを巻いている人が多いのに気付き、コルセットの正しい使い方を、理解していない人が多いのに気付いた時でした。

そこでコルセットのただしい使い方として

1.常に痛い、慢性的な腰痛ではなく、急に痛くなった腰痛、ぎっくり腰などに対してだけコルセットを巻く。

2.コルセットを巻いても巻いていなくても痛みが変わらなければ、コルセットで患部を安静に保つことも出来ずに、ただ腰の動きを制限しておるだけなのではずす。

3.コルセットをずっと巻いていると、患部を安静に保てる点と腰を支えるのにサポートになる点では良いと思われます。しかし、本来は自分自身の筋力で腰を支えないで、腰の筋力が弱るという点と、腰を動かしにくい状態でずっと生活することで慢性的な腰痛になりますので症状の緩和とともにはずす。

まとめると

1.急に痛くなった腰の痛みに対してだけ巻く

2.コルセットを巻いても痛みが和らがなければ必要が無いのではずす

3.コルセットはずっと巻くものではないので、症状の緩和とともに少しずつ締めるのを弱めて最終的にははずす。

なのでこれらの3つのポイントを注意してコルセットを正しく使うことで、腰の筋力が弱くなることが避けられ、慢性的な腰痛になりにくくなることでしょう。それでもコルセットがないと不安であったり、巻いた方が楽な方は背骨や骨盤の歪みがある可能性が高いので、快生整骨院の骨盤矯正を受けられる事をオススメします。

まずはコルセットを巻いている強さを弱くすることから始めてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA