痛い所が悪いと思っていませんか?

痛い所が悪いわけではないという事実をお伝えしたいと思います

これらの事を知っていただくと、痛い所を揉んでも良くならないという事実がわかり、痛い所を揉みすぎて悪くなることを防ぐことができるでしょう

ぶつけたり、捻ったりして直接痛めた場合は、もちろん痛い所が悪いのですが、原因が分からない痛みの場合は痛い所以外に、痛みの原因があることが多いのです

私がこのことを知ったのは、以前に勉強会に出席している時の事でした

さらに確信したときは、原因がわからない痛みを訴えている患者さんが、痛みを訴えている箇所と違う所が悪いことが多いのに気付いたときでした

そこで、ぶつけたり捻ったりした訳ではない原因不明の痛みを改善させる為の3つのポイントとして

1 解剖学的な知識がなく、資格もないマッサージで痛い箇所をガンガン押して揉みほぐしていると、その時は効いた感じがしますが、筋肉が刺激を受けすぎた結果、余計に筋肉が硬くなりますので、むやみやたらに揉まない

2 消炎鎮痛の成分が入っているシップや、痛み止め(ロキソニンなど)で痛みをごまかしていると、変にこじらしたりして治るのに余計に時間がかかりますので、出来るだけシップや痛み止めを使わない、痛くてどうしようもない時は仕方ありませんが

3 無理やり動かすのも良くありませんが、痛いからといって動かさずにいると中々治らないので、痛くない範囲で動かす

これら3つのポイントに注意すれば、原因がわからない痛みをこじらせて、中々治らないといったことを防ぐことができるでしょう

まとめると

1 痛い箇所をむやみやたらに揉まない

2 シップや痛み止めだけでなんとかしようとしない(治している訳ではなく、あくまで痛みを和らげているだけなのです)

3 痛くない範囲で動かす

これらのことに注意しても改善されない時は、痛みをだしている原因にアプローチする必要があります

根本からの改善には、痛みを出している原因(ズレ)をみつけだして矯正する快生整骨院で施術をうけられることをオススメします

まずはシップや痛み止めに頼らずに痛くない範囲で動かすことから始めてください

それでも痛めた覚えのない痛みが改善されない方はこちらへ

Follow me!